日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 良い肥満、悪い肥満  > 太っても健康でいられる「良い肥満」の正体が最新研究で判明!  > 3ページ目

良い肥満、悪い肥満

太っても健康でいられる「良い肥満」の正体が最新研究で判明!

第1回 生活習慣病のリスクが上がる「悪い肥満」との決定的な違いとは?

 伊藤和弘=ライター

 年を取ると、体重が増え、それに伴い、血圧や血糖値、中性脂肪やLDLコレステロールなどの値が悪くなってくる人は多い。ところが「良い肥満」の人たちは、肥満であるにもかかわらず、そうした値が正常の範囲内に収まっている。繰り返しになるが、インスリンの効きが悪くなっていないので高血糖にならず、また脂質や血圧の値も正常なので動脈硬化が抑えられ、結果として将来の心血管疾患のリスクが高くならないというわけだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

糖尿病
メタボ
BMI
肥満・ダイエット
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.