日経Gooday TOP  > からだケア  > 40代からの「目の3大病」講座  > 失明の危険もある、本当は怖い中高年の「目の3大病」  > 2ページ目

40代からの「目の3大病」講座

失明の危険もある、本当は怖い中高年の「目の3大病」

第1回 早い人は40代から白内障を発症、緑内障は40代以上の5%

 梅方久仁子=ライター

緑内障・加齢黄斑変性・白内障は、こんな病気

 緑内障、加齢黄斑変性、白内障は、どのようにして起こるのだろうか。

 目の構造は、カメラとよく似ている。光は水晶体というレンズを通して、網膜というスクリーンに像を映す。その像を視神経という電気回路で脳に伝達して、脳が「物が見えた」と認識する。この中のどこかが正常に機能しなくなると、物が見えなくなる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.