日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > うつのリワークプログラム  > うつの私、復帰に不安。再休職しないための3ステップ  > 2ページ目
印刷

うつのリワークプログラム

うつの私、復帰に不安。再休職しないための3ステップ

第3回 リワーク基本の考え方

 ふくいひろえ=文

 ここで紹介している、うつの「リワークプログラム」は、国内200カ所以上の医療機関で受けることができます。地域や施設の規模などによってプログラムの内容は多少違いますが、中心には共通の考え方があります。それが次の「基本の3つのステップ」です。

1. 集団に慣れる、生活を整える、病気を学ぶ

 プログラム参加者は、症状や悩みなどを理解し合える同病の仲間と出会い、癒やしを得る一方で、集団に慣れ、コミュニケーション感覚を取り戻します。生活を規則正しく整えて、前向きに病気から立ち直ろうと、自分の病気について学ぶことが最初の一歩です。

2. なぜ休職に至ったかという自己分析により、自己の課題を明確にする

 自分がうつを発症したときと、全く同じ環境・状況に置かれても、すべての人がうつを発症するわけではありません。ストレスに感じることは人によって違い、対処方法も異なります。ではなぜ、自分は休職に至ったのか―。

 これを振り返る自己分析によって、自分のものの考え方や困った状況での対処方法などの特徴を探ります。そこには自分の課題が隠れています。何が自分の課題なのか、それが分かって初めて、再休職しないための対処方法を考えることができるようになります。

3. 心理プログラム、集団プログラムによって対人関係能力を改善する

 リワークプログラムには、さまざまな内容が含まれています。

 自分の状態を知り、管理するためのセルフマネジメント方法やストレス対処法、モチベーションの維持方法、コミュニケーションスキル、認知行動療法などの心理プログラムなど、いわば自分自身を守るためのスキルを学び、身につけるための内容です。

 そして、集団で行うプログラムのなかでは、さまざまな人間関係が生まれます。そうしたなかでプログラムで学んだスキルを実践し、自分の課題と向き合って改善していきます。

 この三つが、うつによる休職から復職するためのリワークプログラムの基本のステップとなっています。

リワークプログラムに参加すると、図のように下方から順にステップを1、2、3と踏んでいきます。 ステップ1はベースとなる部分を整える段階。そしてステップ2で自分の課題を明らかにして、ステップ3で認知行動療法などの心理プログラムや集団で行うプログラムを通じてその課題への対処法を、身につけて復職します。

五十嵐所長のコメント

同じ職場に戻っても、再休職しない対処方法を身につける

 企業によって違いはありますが、私のこれまでの経験では、休職者が職場に復帰する場合、元の職場に戻ることが多いようです。定時勤務などの勤務時間や、業務量などの配慮はあるかもしれません。ですが、肝心なのは「病気を発症したときと同じ環境に戻る」ことです。

 そうなると、大事なことは、自分で対処する方法を身につけることになります。そのためにはまず生活リズムを整えて症状を回復させる。これは出発点です。その次に、集団に慣れて病気のことを学ぶという段階があります。

 職場で仕事をするということは集団の中でのこと、病気を学んで自分の状態は自分で把握して、管理できるようにならなければなりません。

 そして、どういう環境が自分にとって危険なのか、どういう症状が最初に出てくるのかを見つけます。

 また、なぜ自分にそういう症状が出てきたのか、自分側の要因を考えるのが自己分析です。物事の捉え方、判断の仕方、対処方法などで、このあたりがうまくいかなかった、追いついていなかったために病気を発症したのだと考えられるようになります。

 さらに、そうやって頭の中で整理した課題を、実際に集団プログラムのなかで試してみることで、対処方法を学びます。

 休職した時と同じ対処方法では、同じ結果になりかねません。休職の理由や原因をはっきりと認識して、それに対応した対処の方法を身につけることが、再休職の予防には最も大切なことです。

それを学ぶ場が「リワークプログラム」なのです。

この記事は、日経BP社「うつのリワークプログラム」の内容を再構成したものです。

書籍「うつのリワークプログラム

ご存じですか? 職場「うつ」の再発を予防する「復職支援プログラム」のことを。復職3年後の就労継続率70%を誇るその内容を、システム発案者の医師と元患者が詳しく紹介!

五十嵐良雄(著)・ふくいひろえ(文)
224ページ、1540円(税込)

五十嵐良雄(いがらし よしお)さん 東京リワーク研究所所長。精神科医・医学博士。医療法人社団雄仁会理事長。メディカルケア大手町院長
五十嵐良雄(いがらし よしお)さん 1976年、北海道大学医学部卒業。埼玉医大助手、秩父中央病院院長などを経て、2003年メディカルケア虎ノ門開設。2008年、うつ病リワーク研究会発足、代表世話人に就任。2018年、一般社団法人日本うつ病リワーク協会理事長に就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.