日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > うつのリワークプログラム  > うつ休職から仕事に復帰したい! で、なんで「リワーク」?  > 2ページ目
印刷

うつのリワークプログラム

うつ休職から仕事に復帰したい! で、なんで「リワーク」?

第2回 なぜ復職にこのプログラムが必要なのか

 ふくいひろえ=文

 私が休職していた当時、すでにプログラムのこうした効果については知られるところとなっていたようです。

 私の勤務先の人事担当者が、「うつによる休職からの復職者は体調を崩しやすい」と話して、「リワークプログラムを受けてから復職してもらいたい」と言った理由はこういうことだったのか! と納得しました。

リワークプログラムを利用した群(45人)と利用しなかった群(45人)とで、復職後の就労継続率を比較しました。1000日後(3年弱)時点で、プログラムを利用した群の継続率は7割弱。一方、プログラム非利用群は2割以下でした。 また、リワークプログラムを利用した人に比べて非利用者の再休職のリスクは1.89倍でした。人事部がプログラムの利用を休職者に勧める理由がよく分かります。(出典:産業精神保健;20(4),335-349,2012.)

「症状が消え、会社に毎日通えるレベル」では再休職してしまう

 五十嵐所長は、「リワークプログラム」を導入した当時を振り返ってこう話します。

 「クリニック開設当時は、『うつの症状が消えて、毎日、会社に通えるレベル』の体調の回復を目指していましたが、すぐにそれではダメだと気づきました。『復職可』という診断書を書いて送り出した患者さんたちの多くが、復職後に体調を崩し、再休職して戻ってきてしまっていたからです」

 2009年に、メディカルケア虎ノ門が全国の精神科クリニックと病院の精神科医師、計2500人に実施した「うつによる休職者の復職時や復職後に困ること」を尋ねたアンケートでも、実に半数以上の精神科医師が「復職可能な状態かどうかの判断が難しく、迷うことが多い」「復職しても短期間で再休職することが多い」と回答しています。

 さらに、「復職直前に、簡易的な業務を用意したり、休職の状態での『リハビリ出勤』の期間を設けたりする企業もありますが、多くの企業は、昨今の厳しいビジネス環境もあって、復職する社員に、以前よりもかなり高いレベルの回復状態を求めるようになっています。そして、『なぜ、リワークプログラムが必要なのか』を患者さんに説明するときに示すのが、この図です」と、五十嵐所長が見せてくれたのが下の図です。

縦軸は病状の改善度、横軸は時間の経過を表し、「休職開始」の時点では、だいぶ具合が悪い状態です。治療を開始して改善度が上がっていき、自宅療養中に主治医が復職可能だろうと判断するのが、通常(1)のあたりです。 2005年当時、職場が求める回復レベルは(2)のあたり。今は企業に余裕がなくなり、(3)のレベルが求められています。(1)と(3)とのギャップを埋めるためのリハビリテーションのプログラムが、「リワークプログラム」というわけです。

 図の縦軸は病状の改善度、横軸は時間の経過を表しています。

 会社を休職した時点が「休職開始」の改善度で、だいぶ具合が悪い状態です。ここから治療を開始して、症状が改善していき、自宅療養の状態で主治医が復職可能と判断するのが、この表の(1)くらいの改善度の段階です。五十嵐所長はこう話します。

 「実は、この図は私自身の経験を基に作りました。この図に書かれている主治医というのは私自身のことです。なぜ患者さんが復職に失敗したのかを探ったとき、会社が求める病気の改善度と、私が復職できると判断した改善度とにギャップがあったからだろう、判断が早かったのだと考えました。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.