日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > うつのリワークプログラム  > まさか自分? うつの私、リワークプログラムに出合う  > 3ページ目
印刷

うつのリワークプログラム

まさか自分? うつの私、リワークプログラムに出合う

第1回 初めて知った復職支援のプログラム

 ふくいひろえ=文

五十嵐所長のコメント

復職しても、また症状が出て、再休職してしまう

 ふくいさんが初めて当院を受診されたとき、多くの患者さんがそうであるように、「なぜこのプログラムを受けなければならないのか、分からない」という様子でした。

 憂うつ感があって、うつと診断され、会社に行けなくなったら休職することになりますが、病気自体は、入院が必要なほど重くはない。軽い人がほとんどです。

 私も最初のうちは、ふくいさんのように会社を休職して当院を受診される患者さんの多くは、軽いから治りやすいのだろうと思っていました。ところが、会社を休んで薬を飲んで症状が良くなっても、復職して働き始めると、また症状が出てきてしまうのです。

 ずっと服薬を続けていても、再休職してしまう人が多いという状況に驚きました。

 治すのが難しいのではなく、何をもって「治った」とするのか。

 そしてそれが、どの時点なのか。

 これが全然分からないということが課題でした。

 結局、「本当に病気が治っているのか、働ける状態になっているのかは、実際に働いてみないと分からない」ということが分かった、という状況でした。

 病気の本人にも分からない。主治医にも分からない。もちろん、会社にも分からない。

 そういうなかで復職させなければならない。うまくいかなければ再休職を繰り返していくことになります。そうすると、どんどん治りにくくなってしまいかねない。そうした経緯から、通勤の練習も兼ねたリワークプログラムを考えたのです。

 プログラム終了までに最低半年必要だということも、ここ数年で経験上分かってきたことで、最初からこのくらいと分かっていたわけではありません。

 当初は、3カ月程度で復職した人もいます。そうやって成功と失敗を繰り返しながら、プログラムを工夫してきた結果、「最低半年は必要」と分かったということです。

 もちろん、もっと長くかかる人もいます。

 次回は、「リワークプログラム」とは実際どんなものなのか、五十嵐先生に伺います。

この記事は、日経BP社「うつのリワークプログラム」の内容を再構成したものです。

書籍「うつのリワークプログラム

ご存じですか? 職場「うつ」の再発を予防する「復職支援プログラム」のことを。復職3年後の就労継続率70%を誇るその内容を、システム発案者の医師と元患者が詳しく紹介!

五十嵐良雄(著)・ふくいひろえ(文)
224ページ、1540円(税込)

五十嵐良雄(いがらし よしお)さん 東京リワーク研究所所長。精神科医・医学博士。医療法人社団雄仁会理事長。メディカルケア大手町院長
五十嵐良雄(いがらし よしお)さん 1976年、北海道大学医学部卒業。埼玉医大助手、秩父中央病院院長などを経て、2003年メディカルケア虎ノ門開設。2008年、うつ病リワーク研究会発足、代表世話人に就任。2018年、一般社団法人日本うつ病リワーク協会理事長に就任。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.