日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 肺炎・コロナを正しく恐れる  > 実録・新型コロナにかかった医師 集中治療室からの生還  > 3ページ目

肺炎・コロナを正しく恐れる

実録・新型コロナにかかった医師 集中治療室からの生還

第2回 CT画像で肺が“真っ白”に… 回復しても息切れの後遺症が残る

 日経Gooday編集部

 A医師が処置を行った患者は、あとになって新型コロナウイルスの感染が判明した。また、その処置から5日後、A医師は40℃近い高熱を出す

 「A医師は、自宅で高熱を出し、悪寒で震えていました。しかし当時は、PCR検査を受ける目安は『37.5℃の発熱が4日以上続くこと』とされていて、総合病院で呼吸器内科医として働いて、患者さんから感染している可能性が高いとしても、そのルールは変えられず、自宅で自主的な隔離生活が続きました」(大谷さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナ
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.