日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 肺炎・コロナを正しく恐れる  > コロナ患者を診る医師が明かす、診察・治療の最前線!  > 5ページ目

肺炎・コロナを正しく恐れる

コロナ患者を診る医師が明かす、診察・治療の最前線!

第1回 コロナ治療はここまで進んだ! クリニックでPCR検査が身近に

 日経Gooday編集部

 「風邪症状だけの患者さんであっても、検査会社に余裕があれば、PCR検査を実施して家庭内感染を防げるのは意義のあることです。軽症の陽性者はホテルで療養することも可能だからです」(大谷さん)

重症化を防ぐためにどんな治療を行うか

 PCR検査の感度は70%といわれている。つまり、実際に感染していても3割の人は「陰性」という結果が出てしまうのだ。「偽陰性の可能性も考慮して、陰性だった場合でもCT画像などで肺炎の症状が認められれば、私の古巣である東京医科歯科大学などと連携して治療に当たります」(大谷さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナ
肺炎
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.