日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 長寿を目指す「日本人の食卓」の弱点  > 骨と筋力の維持に欠かせない「ビタミンD」、2日に1回は魚を  > 2ページ目

長寿を目指す「日本人の食卓」の弱点

骨と筋力の維持に欠かせない「ビタミンD」、2日に1回は魚を

第2回 「ステイホーム」が招くビタミンD不足に要注意

 村山真由美=ライター

 また、ビタミンDの血中濃度が低い高齢者は、血中濃度が高い高齢者に比べて筋力が弱く、下肢の運動機能が低いという報告もある(*2)。この研究では、下肢の運動機能(歩行速度、下肢の筋力、バランス)を評価するためにSPPB(short physical performance battery)という簡易な指標を用いている。SPPBは、バランステスト、歩行速度、5回立ち上がりテストの3つのテストで構成され、点数が低くなるほど転倒のリスクが増加し、介護施設への入所率や死亡率が高くなることが分かっている。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

筋肉
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.