日経Gooday TOP  > からだケア  > 大腸がんの真実  > 大腸がんリスクは「飲酒」「肥満」で上がり、「運動」によって下がる  > 2ページ目

大腸がんの真実

大腸がんリスクは「飲酒」「肥満」で上がり、「運動」によって下がる

第3回 食物繊維やカルシウム、魚も意識して摂取しよう

 田中美香=医学ジャーナリスト

大腸がんリスク上昇に関係するのは「肥満」「糖尿病」「喫煙」

 飲酒に次いで、「ほぼ確実に大腸がんの発生リスクを上げるのは肥満」だ。

 肥満と大腸がんがどう関係しているかは定かではない。しかし、肥満がさまざまな病気を呼ぶ万病のもとであることは確かだ。肥満になると、エネルギーとして使われなかった脂肪が体の中にたまり、動脈硬化が進行して血管が傷み、糖尿病や脂質異常症、高血圧など、さまざまな病気を引き起こしてしまう。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り5220文字 / 全文6625文字

この記事の概要

がん
腸・腸内フローラ
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.