日経Gooday TOP  > からだケア  > 大腸がんの真実  > 死亡率も罹患率も高い「大腸がん」 だが早期発見で9割以上は治る  > 4ページ目

大腸がんの真実

死亡率も罹患率も高い「大腸がん」 だが早期発見で9割以上は治る

第1回 大腸のポリープは全部取ったほうがいい?

 田中美香=医学ジャーナリスト

大腸がん検診の受診率は、5割にも満たない

 国が成人に対して推奨するがん検診は、大腸がん、胃がん、肺がん、子宮頸がん、乳がんの5つだ。大腸がんに関しては、便を採取して提出する「便潜血検査」が行われている。便潜血検査は、自治体のがん検診や職場の健康診断でおなじみの、いわゆる「検便」のこと。痛みがなく、時間もかからず、とにかく手軽に済むのがありがたい検査だ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り3608文字 / 全文5295文字

この記事の概要

腸・腸内フローラ
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.