日経Gooday TOP  > からだケア  > 医師が語る「受けるべき医療、ムダな医療」  > 気になる血圧 「健診結果で一喜一憂」は意味がない  > 2ページ目

医師が語る「受けるべき医療、ムダな医療」

気になる血圧 「健診結果で一喜一憂」は意味がない

降圧目標は130/80mmHgに引き下げ

 日経トレンディ

なぜ健診結果で一喜一憂するのは意味がない?

 ただし、1年に1回の健康診断の数値で一喜一憂する意味も無いという。血圧は1日の中で変動する。苅尾氏は、「早朝だけ血圧が急激に上がっている、夜の睡眠中に上がっているという状態が危険」と指摘する。さらにこうした現象が無くても、「日中、ストレスのかかる会議中などに急激に血圧が上がっている人はいる」(苅尾氏)。そこで自宅で測定するなど、推移を見ることが需要になる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

血圧
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.