日経Gooday TOP  > からだケア  > 医師が語る「受けるべき医療、ムダな医療」  > 医師500人に聞いた 「がん検診」で受けておくべきものは?  > 3ページ目

医師が語る「受けるべき医療、ムダな医療」

医師500人に聞いた 「がん検診」で受けておくべきものは?

5大がんの死亡率を下げる「対策型検診」とは

 日経トレンディ

大腸がんの基本は便潜血検査、大腸内視鏡検査も見逃せない

 大腸がん検診で対策型として推奨されているのは便潜血検査のみだが、実は大腸内視鏡検査にも死亡率減少効果のエビデンスは認められている。ただ、受ける側のリスクや検診をする医師や施設の人的コストが高いことから、現状では推奨されていないようだ。「検診としての有効性については大腸内視鏡検査の方が圧倒的に優れているので、例えば大腸ポリープ診療ガイドラインに倣って3年に1度の間隔で受けるのもあり」(山本氏)だという。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

がん
人間ドック
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.