日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 肺炎を正しく知り、正しく恐れる

BODY CARE 肺炎を正しく知り、正しく恐れる

 新型コロナウイルスの感染は拡大の一途をたどっている。運悪く、風邪やインフルエンザの流行時期。風邪のような症状になったとき、「自分は新型肺炎では?」と誰しも不安に思う。こうした状況で一番大切なのは、肺炎を正しく理解して、正しく恐れること。肺炎という病気の名前は誰もが知っているが、その実態を理解している人は少ない。

 そもそも肺炎はどのような病気か。新型コロナウイルスによる肺炎は、これまでとは何が違うのか。日本では一般に肺炎で亡くなる高齢者が多いが、それはなぜか。肺炎を避け、予防するにはどうすればいいのか。池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに解説していただく。

大谷義夫(おおたに よしお)さん
池袋大谷クリニック 院長
大谷義夫(おおたに よしお)さん 2005年に東京医科歯科大学呼吸器内科医局長に就任。米国ミシガン大学に留学などを経て、2009年に池袋大谷クリニックを開院。全国屈指の呼吸器内科の患者数を誇るクリニックに。呼吸器内科のスペシャリストとして「あさイチ」「林修の今でしょ! 講座」「名医のTHE太鼓判! 」など多くのTV番組に出演。著書も多数。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.