日経Gooday TOP  > からだケア  > 日本人の弱点「内臓脂肪」の正しい落とし方  > 内臓脂肪は簡単には落ちない―これは多くの人の誤解だった!  > 3ページ目

日本人の弱点「内臓脂肪」の正しい落とし方

内臓脂肪は簡単には落ちない―これは多くの人の誤解だった!

第1回 生活習慣病、がん、認知症のリスクを高める内臓脂肪の脅威

 田中美香=医療ジャーナリスト

 では、内臓脂肪はどう悪いのか。奥田さんはこう説明する。

 「内臓脂肪は、ただ体にくっついているだけではありません。さまざまな物質(生理活性物質)を分泌して、生体の機能を調整するという別の顔があるのです」(奥田さん)。内臓脂肪は、各種ホルモンをはじめとする100種類以上の生理活性物質を作り、その物質は血液中に入って全身を駆け巡っている。その中には、体にプラスの作用を及ぼす善玉物質もあれば、害を及ぼす悪玉物質もある(下表)。一方、皮下脂肪は悪玉物質をあまり作っていない。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り6592文字 / 全文8159文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.