日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 日本人の弱点「内臓脂肪」の正しい落とし方

BODY CARE 日本人の弱点「内臓脂肪」の正しい落とし方

 正月明けのこの季節、多くの人が抱く悩みといえば、年末年始の食べ過ぎと運動不足、そしてお腹にポッコリついた「内臓脂肪」ではないだろうか。「内臓脂肪は体に良くないらしい」ことは多くの人が認識しているが、痛くもかゆくもないので放置しがち。しかし、その影響は予想以上に大きく、近年の研究では、血管を傷めるのはもちろん、がんや認知症、頻尿などにも関係することが明らかになっている。本特集では、20万人以上の人間ドック・健康診断を行ってきた内科医で予防医学のプロフェッショナル・奥田昌子さんに、内臓脂肪の正体と、その落とし方を詳しく聞いていく。

奥田 昌子(おくだ まさこ)さん
内科医・医学博士
奥田 昌子さん 京都大学大学院医学研究科修了。京都大学博士(医学)。大学卒業後、博士課程に進み基礎研究に従事。京都大学医学部附属病院勤務、内科研修ののち、生命とは何か、健康とは何かを考えるなかで予防医学の理念にひかれ、健康診断・人間ドック実施機関で20万人以上の診察にあたる。現在は大手化学メーカー産業医を兼務する。『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎)、『「日本人の体質」研究でわかった長寿の習慣』(青春出版社)など著書多数。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.