日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 風邪の「真」常識  > 手洗い・サプリ…エビデンスのある風邪予防法はどれ?  > 2ページ
印刷

風邪の「真」常識

手洗い・サプリ…エビデンスのある風邪予防法はどれ?

 伊藤和弘=ライター

うがいの効果も完全には否定できないという。写真はイメージ=(c)Iakov Filimonov-123RF

 岸田さんによれば、うがいはのどの粘膜についたウイルスを洗い流す作用が期待されているが、ウイルスは早くて20分程度で細胞内に侵入してしまうため本当に洗い流せるかというと難しい。

 「優先順位でいえば手洗いがとにかく大切で、手洗いをせずにうがいだけをするのは本末転倒ですが、かといって、水うがいは害もほぼなく、一部効果も示されているので、完全に否定できるものではありません」

 例えば387人を「うがいしない」「水でうがい」「ヨード水でうがい」の3グループに分け、実行してもらった京都大学の研究がある。1カ月間の風邪の発症率は「うがいしない」が26%だったのに対し、「水でうがい」は17%に抑えられた。意外なことに「ヨード水でうがい」は24%で、水でうがいしたほうが予防効果が高かった(*2)。

 これは「ヨード水が口の中の細菌叢(そう)を乱してしまうからと考えられます」と岸田さん。腸の中と同じく、口の中にも多くの細菌がいる。それが風邪などの原因となる病原微生物の侵入を防いでいる可能性もあるのだという。「私は患者さんに、普通の水や白湯でのうがいで十分だと説明しています。決まった方法はありませんが、1日に4~5回すれば十分でしょう」

 マスクについては、顔に密着するタイプの微粒子用マスク(N95マスク)ならウイルスの感染リスクを低減できるが、市販のマスクは隙間ができるため予防効果がないといわれる。だが岸田さんは、「少なくとも満員電車など多くの人が密着状態にある空間では、しないよりはしていたほうがいいでしょう。それにマスクをしていると、ウイルスが付着した手で口や鼻を触ることで感染するリスクは、ある程度防げると考えられます」と話す。

寒いと風邪をひく?

 よくある風邪の予防法に「暖かくしておく」というものがある。しかし、もともと風邪はウイルスの感染症であり、「寒いから風邪をひく」という明確なデータは今のところないという。

 なぜ、そんな思い込みが生まれるのか。岸田さんは「大きく2つの理由が考えられます」と話す。

 まず、「熱が出るときに寒いと感じる」から。本来は熱が出ることで寒さを感じたわけだが、それを「寒かったから風邪をひいた」と錯覚してしまうのだ。もう一つは、冬は風邪のウイルスは広がりやすく風邪を発症する人が多くなるから。それで同じく、寒かったから風邪をひいたように思ってしまうわけだ。

 「風邪はウイルスの感染症なので、ウイルスにさえ感染しなければ、いくら気温が低くても風邪をひくことはまずありません。結局、真に効果的な風邪予防は家から一歩も出ないこととなりますが、それは現実的ではないですね(笑)」(岸田さん)

 寒さが風邪の原因になるわけではないからといって寒いのを我慢してもいいわけではないが、風邪の予防には暖房や厚着よりも、手洗いやうがいのほうが有効なことは覚えておこう。

睡眠不足は風邪をひきやすくなる

 栄養が偏った食生活、運動不足、睡眠不足など、不健康な生活をしていると風邪をひきやすいというイメージがある。

睡眠不足の人は、睡眠を十分にとっている人より風邪の発症リスクが高いという報告も。写真はイメージ=(c)rostislavsedlacek-123RF

 実際、睡眠不足の人は、睡眠を十分にとっている人より風邪の発症リスクが高いという報告(*3)や、適度な運動は風邪のリスクを減らすという研究(*4)があるという。

 「ただ、実はまだ十分なエビデンスがあるとはいえません。とはいえ、栄養のバランスが取れた食事をし、適度な運動もしているような人は普段から様々な点で健康に気を配っているでしょう。その結果、風邪もひきにくいということはあると思います」(岸田さん)

 どこまで風邪を予防できるかはともかく、病気にならずに過ごすためには自分自身の健康に関心を持ち、食事、運動、睡眠が大きく偏らないよう健康の維持増進に努めることが重要だ。さらにエビデンスのある手洗いや、うがいやマスクも状況に合わせて利用する。100%の予防は無理でも、風邪の予防効果が期待できることは間違いない。

*2 Satomura K,et al.Am J Prev Med. 2005;29(4):302-307.
*3 Prather AA,et al.Sleep. 2015;38(9):1353-1359.
*4 Nieman DC.Med Sci Sports Exerc. 1994;26(2):128-139.
岸田直樹(きしだ なおき)さん
総合診療医、感染症医、感染症コンサルタント
岸田直樹(きしだ なおき)さん 公衆衛生修士(MPH)、北海道科学大学薬学部客員教授、一般社団法人Sapporo Medical Academy代表理事。2002年旭川医科大学卒業。手稲渓仁会病院総合内科・感染症科チーフ兼感染対策室長などを経て14年よりSapporo Medical Academy代表理事。日本内科学会総合内科専門医。日本感染症学会専門医・指導医。著書に『誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 重篤な疾患を見極める!』(医学書院)など

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.