日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 絶対に休めない医師の健康管理  > 医師がやっている科学的に証明された“風邪対策”とは?
印刷

絶対に休めない医師の健康管理

医師がやっている科学的に証明された“風邪対策”とは?

第1回 風邪・インフルエンザはどこまで予防できるか

 青木由美子=ライター/編集者

誰しも健康や体調に気を使っているが、体調を崩したりして、仕事でパフォーマンスを発揮できなくなることがある。最も多いのが、ごくありふれた病気である「風邪」だ。たかが風邪と油断していると、何日も仕事に穴を開けてしまったり、こじらせてより重篤な肺炎などの病気につながってしまうこともある。そこで、呼吸器内科が専門で、毎日膨大な数の風邪患者を診察する池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに、科学的根拠があり、大谷さんも実践している風邪対策について教えてもらおう。


風邪・インフルエンザを予防するためには、余計なウイルスをもらわないことが重要だ。エレベーターのボタンを押すときは、指を折り曲げて第二関節で、しかもボタンの端のほうを押す。

「休みの日にはバタンキュー」を避けるための体調管理

 もうすぐ年末年始の休暇がやってくる。旅行などの予定を立てている人も多いだろう。一方で、「自分はいつも“寝正月”だ」という人も少なくないのでは。家でのんびり過ごすのも悪くないが、休暇になったとたん、体調を崩して寝込んでしまい、そのまま“寝正月”になってしまった、という経験がある人もいるだろう。

 12月はただでさえ忙しい。積もり積もった仕事の締め切り、会社の忘年会、そして久しぶりに旧友に会う予定などが詰まって、体調管理が二の次になり、その結果、せっかくの休暇が体調不良でつぶれてしまうというわけだ。

 「体調不良で最も多いのが風邪です。成人でも年間2~4回は風邪をひきますし、人は人生の中で200回ほど風邪をひくといわれています。風邪をひくことによって起こる経済的損失を足し合わせたら、膨大なものになるでしょう。体調管理においてまず大切なのは、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防することなのです」と語るのは、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんだ。

 大谷さんは、医師になって30年以上、ほとんど病気をしたことがないという。その秘訣は、徹底して「科学的根拠(エビデンス)」に基づいた体調管理を行うこと。科学論文を読むことが趣味という大谷さんは、新しい研究成果が発表されると、実際に自分の生活習慣に取り入れてみて、効果が感じられたら定着させる、ということを繰り返している。

 「風邪はとてもありふれた病気です。たかが風邪と油断せず、きちんと予防し、また風邪のひきはじめにひどくならないよう手を打つことができれば、体調管理のかなりの部分は成功だといえます」(大谷さん)

 大谷さんの専門は呼吸器内科。そして、クリニックは東京・池袋駅のほど近く。つまり、毎日、膨大な数の風邪患者を診察している。そんな風邪をひきやすい環境でも、自身は風邪をひかずに済んでいるのは、科学的根拠のある体調管理のたまものなのだ。

 そんな大谷さんが、自分が実践している風邪予防を含めた健康管理についてまとめたのが、『絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理』(日経BP)だ。「ウイルスを指先につけないために、エレベーターのボタンは指の第二関節で、しかも端のほうを押す」「風邪のひきはじめにはプールで5分だけ泳ぎ、免疫力を上げる」といった、多くの人が実践できる方法が書かれている。

 今回の特集は、その本の中から、大谷さんが実際にやっている、風邪・インフルエンザ予防策や、体調不良にならない体を作るための食事などの生活習慣について、紹介していこう。

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.