日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 絶対に休めない医師の健康管理  > 医師がやっている科学的に証明された“風邪対策”とは?  > 3ページ目
印刷

絶対に休めない医師の健康管理

医師がやっている科学的に証明された“風邪対策”とは?

第1回 風邪・インフルエンザはどこまで予防できるか

 青木由美子=ライター/編集者

知っておきたい「3つの感染ルート」

 「風邪はどのようにしてうつるか」についても、正しい知識を持ち合わせている人は少ないかもしれない。風邪など、上気道感染症に関連するウイルスの感染ルートは、次に挙げるように3つある。


1 飛沫感染

感染している人のくしゃみ・咳によって空気中にウイルスなどの病原体が「飛沫」として排出され、それを吸い込むことによって起こる感染。だいたい1~2メートルの距離で感染する。

2 空気感染

感染している人から排出された飛沫が、そのままカラカラに乾燥して水分を失い、小さな「飛沫核」になって空中を漂い、それを吸い込むことによって起こる感染。学校の教室内くらいの距離であれば感染してしまうので、予防が難しい。

3 接触感染

感染ウイルスが含まれた鼻汁、唾液などに直接触れることで手にウイルスがつき、その手で自分の口や鼻を触ることで感染する。小さな子どもは保育園などで、同じおもちゃで遊び、その手で顔を触り、口に入れてなめたりするので、接触感染が多い。小さい子どもがいる家庭では、子どもと接触する機会が多いので、大人もこのルートで風邪をひくことが多い。


 風邪やインフルエンザのウイルスが感染する経路は、主に飛沫感染と接触感染の2つ。つまり、感染した人が触れたものに触れないようにしつつ、1~2メートルの距離に近づかなければ、うつらないということになる。

 同じ部屋にいるだけでうつってしまう空気感染が起きるのは、とても感染力が強い病原体の場合だ。水分がなくなった「飛沫核」という状態でも感染する力が残っている病原体というのは、麻疹(はしか)ウイルス、水痘帯状疱疹(水ぼうそう)ウイルス、結核菌などがある。

 「ただし、実は、インフルエンザウイルスも、飛沫感染や接触感染だけでなく空気感染もする可能性がある、という研究報告があり、油断がなりません。米国メリーランド大学で、インフルエンザにかかり、発症から1~3日たった患者142人について、呼吸にどの程度ウイルスが含まれているかを調べたところ、咳をしていない患者の呼気の48%から、インフルエンザウイルスが検出されたのです(*2)」(大谷さん)

*2 Proc Natl Acad Sci U S A. 2018;115(5):1081-1086.

マスクを正しく使えていない人は「7割」!

 風邪やインフルエンザを予防するためには、飛沫感染をいかに防ぐかがカギになる。そのために有効だと大谷さんが考えるのは「マスク」だ。

 「マスクの効能は、(1)飛沫が鼻や喉に侵入するのを防ぐ、(2)喉の乾燥を防ぐ、(3)マスクをしていると自然と顔を触らなくなる、という3点です。指先にウイルスがついた状態で、鼻や口を触ることで接触感染が起きますが、マスクをしていればそれも防ぐことができるのです」(大谷さん)

 実は、マスクについてエビデンスとなる論文はあまりないという。欧米では、マスクは医療関係者が着用するもので、一般の人は利用しないため、研究の対象となりにくいからだ。マスクを一般の人が利用しているのは、日本をはじめアジアの国々が中心だ。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.