日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 北里研究所病院 予防医学デー記念シンポジウムレポート  > 70歳、75歳、80歳! 3度のエベレスト登頂の夢は「一歩ずつの繰り返し」で達成  > 3ページ目
印刷

北里研究所病院 予防医学デー記念シンポジウムレポート

70歳、75歳、80歳! 3度のエベレスト登頂の夢は「一歩ずつの繰り返し」で達成

冒険家・三浦雄一郎さんの攻め抜く健康法(後編)

 柳本操=ライター

標高8500メートルで手巻き寿司に舌鼓

 登頂の最中も、食事を決しておろそかにしないのが三浦さん流だ。

 三浦さんチームは、8500メートル地点で、持参したウニの瓶詰や塩辛を材料に手巻き寿司を食べたという。羊羹(ようかん)と抹茶も持って行き、氷を鍋で溶かしてお茶の時間も。「作法も知らないのに、狭いテントで膝をつきあわせて、お茶をいただきました。そして、休憩しようとぐっすり寝込んだ。しっかり食べて、爆睡したおかげで、80歳にして山頂にたどり着くことができました」(三浦さん)

 2013年5月23日午前9時(日本時間午後0時15分)。三浦さんチームの登頂が達成された。

 心臓手術、骨盤骨折など、通常であれば「もう、やめておこう」と判断するような出来事に見舞われながらもエベレスト登頂を果たした思いはどこにあったのか。

 「いろんなことが起こりました。しかし、それは、『できない』という理由にはならないと思いました。とにかく、目標に向かって一歩ずつ、できることを繰り返す。諦めなければかないます。何歳になっても行動をすること。僕の場合はちょっとむちゃくちゃなやり方ではありましたが(笑)、そうやって行動することがアンチエイジング法となっているのだと思います」(三浦さん)

 講演会場では、最高齢登頂記録を打ち立てた登頂直後に、山頂から「ありがとう。ありがとう。世界最高の気持ちです。まさか80歳でエベレスト山頂に着くとは、人生最高の幸せでした。最高に疲れました。これ以上ない。でも、80年、まだまだいける、そんな感じです」とにこやかに話す三浦さんの映像が流された。

 骨折、心臓の持病を抱えながらの頂上アタック。目標に向かう悲壮感というよりは、常にユーモアを忘れず、食べることを楽しみながら冒険を繰り返す三浦さんの姿に「年齢を重ねても、こんなふうに生き生きとありたい」と思った参加者は多かったのではないだろうか。

◇     ◇     ◇

 三浦雄一郎さんによる基調講演の後は、北里研究所病院の3人の医師――糖尿病センター長の山田悟医師、循環器内科部長の猪又孝元医師、脊椎センター長の日方智宏医師による講演が行われた。

 まず、糖尿病専門医で、緩やかな糖質制限「ロカボ」の提唱者である山田医師(食・楽・健康協会代表理事)が登壇した。山田医師は、「以前は、健康になりたかったら節制しましょうというのが常識でした。しかし、ここ10年ほどの栄養学の進歩で、おいしく楽しく食べて健康になれるということがわかってきました。これがロカボです」と語りはじめ、ロカボの科学的根拠(エビデンス)、そしてメタボ対策や老化防止などに役立つことをやさしく解説した。

 続いて登壇した循環器内科部長の猪又孝元医師は「隠れ心不全」について解説した。「がんと並ぶ2大死因となっている心血管病の中で最も入院患者が多いのが『心不全』です。患者は現在もどんどん増えています。重症例は病院の中で2割も命を落とされています」と心不全の現状について説明、より早く(その兆候を)見つけることが大事だと熱く語った。

 では、どうすれば見つけられるのか。「健診で心不全を見つけることはとても難しいのです。今回は見つける方法を2つ紹介しましょう。1つは、血液検査でBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド:心臓から分泌されるホルモンで心不全で値が上昇する)の値を測ることです。BNPは病院に行けば普通に測定してくれます」(猪又医師)

 さらに猪又医師は、医者にかかる前に「見るだけでわかる」ポイントがあると話す。それが「首の血管」、具体的には「首の皮膚が脈打つように揺れているかどうか」だという。「もしご家族の首の皮膚が揺れていたら、すぐに循環器医に見せてください」(猪又医師)

 最後に、脊椎センター長の日方智宏医師が登壇、「腰痛」対策について解説した。「すべての人は人生に1度は腰痛を経験すると言われています」(日方医師)と言うように、多くの人が腰痛に悩んでいる。実際、会場に詰めかけた聴衆で、これまで腰を痛めたことのない人は3人だけだった。

 日方医師は今日から実践できる、腰痛を予防するためのストレッチ&腰の筋トレを3つ紹介。これに「全身を動かす有酸素運動を組み合わせていただくと、より効果的です」(日方医師)。さらに、日常生活の中で、「寝た姿勢での読書は、腰に負担がかかるため避ける」「床に落ちている物を拾ったりするときは、腰だけを曲げずに、膝をしっかり曲げて、腰を落とす」ことを勧める。

 3人の医師は、専門分野の最新動向を押さえつつも、ユーモアを交えながらやさしく解説、会場は常に笑いがあふれていた。今すぐ実践できる情報が満載で、参加者は熱心に聞き入っていた。

「北里研究所病院 予防医学デー フェスティバル2019」(11月4日開催)では、三浦雄一郎さん(写真:中央)による基調講演の後、北里研究所病院の3人の医師による講演が行われた。糖尿病センター長の山田悟医師(写真:左から2番目)が「ロカボ」について、循環器内科部長の猪又孝元医師(写真:右端)が「隠れ心不全」について、脊椎センター長の日方智宏医師(写真:左端)が「腰痛」について一般参加者向けに解説した。

(写真:菊池くらげ)

三浦雄一郎(みうら ゆういちろう)さん
プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長
三浦雄一郎(みうらゆういちろう)さん 1932年、青森市生まれ。1964年イタリア・キロメーターランセに日本人初の参加、時速172.084キロで当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降。1970年エベレスト・サウスコル8000m世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画 「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」がアカデミー賞を受賞。1985年世界7大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年次男(豪太氏)とともにエベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7カ月)を樹立。2008年、75歳2度目、2013年、80歳にて3度目のエベレスト登頂(世界最高年齢登頂記録更新)を果たす。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.