日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 北里研究所病院 予防医学デー記念シンポジウムレポート  > 重症メタボから一転、70歳で「エベレスト登頂」を目指す  > 2ページ目
印刷

北里研究所病院 予防医学デー記念シンポジウムレポート

重症メタボから一転、70歳で「エベレスト登頂」を目指す

冒険家・三浦雄一郎さんの攻め抜く健康法(前編)

 柳本操=ライター

 当時、三浦さんは暴飲暴食の日々を送っていた。「(自宅のある)札幌はごはんがおいしくて、ジンギスカンの飲み放題、食べ放題に通っていました。運動は、散歩程度のウォーキング。体重は増える一方で、身長164cm、体重86キロ。階段を上るのもふぅふぅと息が切れる始末です」(三浦さん)

 生活習慣病の疑いが濃厚なのはわかっていたが、冒険家、登山家という肩書きが邪魔をした。

 「『プロスキーヤーなのに、生活習慣病だなんて恥ずかしい』と思い、検査を受けることから逃げ回っていたのです。しかし、どうにも膝が痛いので札幌から1時間離れた場所にある知人医師の病院で検査を受けました。結果は赤い数字の異常値だらけ。血圧は上が190mmHg、糖尿病、脂質異常症。腎臓の数値も悪く、今年中には人工透析が必要になるレベル。医師からは『こんなひどい数値だと、あと3年生きられたらいいほうだ』と言われたのです」(三浦さん)

重症メタボ。「このままでは余命3年」と言われ奮起

 余命3年と言われるほどの重症メタボ。原因は飲み過ぎ、食べ過ぎ、運動不足にあるのは明らかだった。

 「何か目標を立てて改善しなくては…と思いましたが、『ただ運動するのはつまらない』とも思いました」(三浦さん)

 一方で、同じく冒険スキーヤーだった父の三浦敬三さん(享年101歳)が、当時、3度の骨折を乗り越え、99歳でモンブラン山系ヴァレブランシュ氷河からのスキー滑降、という夢を実現した。

 「普通、90歳を超えてスキーをして、足の骨を3度も折ったら家族は『やめなさい』と言いますよね。でも、人間の気持ちって不思議な力を持っているもので、とうとう父は骨折を治して夢をかなえてしまった。こんなおやじがいるもんですから(笑)、『おれもまだ60代半ば、黙っていられない!』と思ったんです。おやじがモンブランなら、おれはエベレストに登ってやる! 今考えても、むちゃくちゃな目標です」(三浦さん)

 エベレストを目標に定め、試しに札幌市内の自宅近くにある藻岩山(標高531メートル)を登ってみたという三浦さん。軽い運動靴を履き、ペットボトル2本を持ち、ゆっくりと登山道を登りはじめたが、5分もしないうちに息切れし、脂汗が出る。

 「今日はもうダメだ」――。イスにがっくりと腰掛け、立ち上がる元気もなかった。「こんな姿を知り合いに見られたらみっともない」と野球帽を目深にかぶり、とぼとぼと登山道を引き返したという。

 500メートルの山も登れないくらい体力が低下していたことを実感し、気が遠くなったという三浦さん。ところが三浦さんは気持ちを切り替える。

 「僕はもともと性格的に、いい加減、無責任、楽観主義なんです。何とかなる、何とかしてみよう、と思ったんです。ただ、何とかする前にメタボを治さないといけない(笑)」(三浦さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.