日経Gooday TOP  > からだケア  > 怖い病気の背後に「ゴースト血管」あり  > これだけでOK! 血管のゴースト化を防ぐ2つの運動とは  > 2ページ目

怖い病気の背後に「ゴースト血管」あり

これだけでOK! 血管のゴースト化を防ぐ2つの運動とは

第3回 激しすぎない有酸素運動とふくらはぎを使う運動で、毛細血管を増やす

 田中美香=医療ジャーナリスト

過度の有酸素運動は厳禁! やり過ぎは酸化を進めて血管を傷める

 おさらいになるが、運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動がある。有酸素運動とは、しっかり酸素を取り込みながら、一定時間続けて脂肪の燃焼を促す運動のこと。ジョギングやウォーキングのほか、サイクリング(エアロバイク)、水泳などがその代表だ。一方、無酸素運動とは、瞬間的に強い負荷をかけて行う運動のことで、筋力トレーニングや短距離走のような運動がそれに当たる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り4876文字 / 全文6210文字

この記事の概要

ウォーキング
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.