日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ロコモ予防に役立つ「尻トレ」  > 短時間で効果2倍の超・尻トレ「ブルガリアンスクワット」  > 3ページ

ロコモ予防に役立つ「尻トレ」

短時間で効果2倍の超・尻トレ「ブルガリアンスクワット」

第2回 片側ずつ行うから効果が高い尻トレ

 白澤淳子=日経ヘルス編集

「超・尻トレ」で鍛える筋肉は3つ

 第1回でも触れたとおり、ロコモ予防の観点からいうと、お尻を中心に『股関節』を動かす筋肉を鍛えることが重要だという。だから、「尻トレは、お尻の最も大きい筋肉、大殿筋が中核となるが、お尻の両サイドにあり、大殿筋とは股関節を動かす向きが異なる『中殿筋』も鍛えたい。また、お尻の筋肉ではないが、股関節に着目すると、太ももを前に振る働きがある『腸腰筋』も鍛えておきたい」と荒川准教授は言う。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.