日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い不整脈、怖くない不整脈  > 脈が遅いだけの「洞徐脈」は怖くない  > 3ページ

怖い不整脈、怖くない不整脈

脈が遅いだけの「洞徐脈」は怖くない

第4回 「スポーツ心臓」から「突然死の恐れ」まで、脈が遅くなる不整脈

 梅方久仁子=ライター

悪性だと突然死のリスクが高い「房室ブロック」

 最後に紹介するのは、「房室ブロック」と呼ばれる、徐脈の中では一番怖い不整脈だ。房室ブロックは、洞結節は規則正しく電気信号を発生しているものの、心房から心室に電気信号を伝える回路のどこかが途絶えているために、電気信号がうまく伝わらない状態をいう。心「」から心「」にうまく伝わらないため、「房室」ブロックと呼ばれている。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.