日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い不整脈、怖くない不整脈  > 脈が遅いだけの「洞徐脈」は怖くない  > 2ページ

怖い不整脈、怖くない不整脈

脈が遅いだけの「洞徐脈」は怖くない

第4回 「スポーツ心臓」から「突然死の恐れ」まで、脈が遅くなる不整脈

 梅方久仁子=ライター

「ときどき脈が休んでしまう」洞機能不全症候群は、失神が心配

洞機能不全症候群
何が起こっている?
洞結節から出る電気信号がときどき休んでしまい、脈が遅くなる
症状
無症状、またはめまい、疲労感、失神など
主な治療
症状が強い場合や失神による事故が心配される場合はペースメーカーを入れる

 心電図に異常がなく、脈が全体的に遅くなっているだけの洞徐脈なら問題はないが、徐脈を詳しく調べると、中にはときどき脈が抜けてしまう人がいる。これは「洞機能不全症候群」といって、心臓を動かすための電気信号を作っている「洞結節」の機能が低下して、規則的な電気信号が作れなくなっている状態だ(広義には、洞徐脈も洞機能不全症候群に含まれる)。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.