日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い不整脈、怖くない不整脈  > 高齢化で急増!「やがて脳梗塞を起こす不整脈」は無症状でも危険  > 4ページ

怖い不整脈、怖くない不整脈

高齢化で急増!「やがて脳梗塞を起こす不整脈」は無症状でも危険

第3回 カテーテル治療で根治も? 心房細動の治療は年々進化

 梅方久仁子=ライター

ワルファリンに代わる新薬の登場で、血栓の予防が急速に進んだ

 その新しい薬というのが、「直接経口抗凝固薬」と呼ばれる種類の薬だ(*4)。現時点で4種類あり、服用方法や副作用は少しずつ異なるが、どれもワルファリンよりはずっと使いやすい。受診の度に採血する必要はなく、食事制限も必要ない。ワルファリンよりも脳出血が起こりにくいなどのメリットがある。ただし、腎臓の機能が極端に悪いなど、利用できない場合もある。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
日経グッデイ春割キャンペーンG

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.