日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 怖い不整脈、怖くない不整脈  > 高齢化で急増!「やがて脳梗塞を起こす不整脈」は無症状でも危険  > 2ページ

怖い不整脈、怖くない不整脈

高齢化で急増!「やがて脳梗塞を起こす不整脈」は無症状でも危険

第3回 カテーテル治療で根治も? 心房細動の治療は年々進化

 梅方久仁子=ライター

年齢を重ねるほど心房細動の発症リスクは上がる

 心房細動は、心臓の持病(心筋梗塞、心不全、弁膜症など)がある人や、糖尿病や高血圧の人などに起こりやすい。「心房細動は、一種の生活習慣病です。肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧といった病気を放置していると、動脈硬化が起こって脳梗塞や心筋梗塞へと進んでいきますよね。心房細動も同じです。肥満や糖尿病が原因で血管が老化して硬くなると、心房細動へとつながります」(山下さん)。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.