日経Gooday TOP  > からだケア  > 男を悩ませる「前立腺」問題  > 前立腺がんはおとなしい? 本当に手術不要? 実は怖い一面も  > 4ページ目

男を悩ませる「前立腺」問題

前立腺がんはおとなしい? 本当に手術不要? 実は怖い一面も

第3回 進行が遅いと思いきや、骨への転移も多い。前立腺がんの実態を知ろう

 田中美香=医療ジャーナリスト

 「高齢の人に見つかったのが小さながんで、転移もなければ、手術するべきだとは言いがたいものがあります。定期的なPSAとMRI、そして針生検で様子を見ながら、がんが進まないまま生涯を終えることも多いからです。しかし、監視療法を選んだ人の半数は、5年以内に手術や放射線療法などの治療に踏み切っているのが現状です。がんが進行した人は当然ながら治療を受ける必要がありますが、進行していない人の場合は、『治療しないでいる』ことへの不安が大きいのでしょう」(大堀さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

腰痛
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.