日経Gooday TOP  > からだケア  > 男を悩ませる「前立腺」問題  > 前立腺がんはおとなしい? 本当に手術不要? 実は怖い一面も  > 3ページ目

男を悩ませる「前立腺」問題

前立腺がんはおとなしい? 本当に手術不要? 実は怖い一面も

第3回 進行が遅いと思いきや、骨への転移も多い。前立腺がんの実態を知ろう

 田中美香=医療ジャーナリスト

 「前立腺自体の症状はほとんど出ません。あるとしたら、多くは転移した先での症状です。PSA検査が普及する前は、腰が痛くて整形外科へ行ったら泌尿器科を紹介され、前立腺がんの転移が見つかったという例も時々ありました。進行した前立腺がんは骨に転移しやすいのです。そうなると骨から出る神経が麻痺して痛みが出て、歩けなくなったりします。今ではそこまで進んだ人は少なくなりましたが、ゼロではありません」(大堀さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

腰痛
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.