日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 男を悩ませる「前立腺」問題  > 「たかが頻尿」と前立腺肥大を放置してはならない3つのケース  > 5ページ

男を悩ませる「前立腺」問題

「たかが頻尿」と前立腺肥大を放置してはならない3つのケース

第2回 男のシモの悩みを生む主犯、前立腺肥大症とは

 田中美香=医療ジャーナリスト

治療の基本は、薬を飲むこと

 前立腺肥大症の治療で基本となるのは、薬物療法だ。最もよく使われているα1遮断薬には、膀胱の出口と尿道の部分にある「α1受容体」に作用し、その周辺を開いて尿の通りを良くする作用がある。狭くなった尿道が広がるため、尿の勢いが増し、残尿を減らせる薬だ。「薬を使って3~4日で気持ちよく出るようになった」「夜中のトイレが3回から1回に減った」と、すぐに効果を実感しやすいという。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.