うつ病などの「気分障害」の患者数を年齢別に見たグラフ(2017年)。働き世代だけでなく、60歳代以降のシニア世代の患者も多いことが分かる。(出典:厚生労働省 患者調査)

記事に戻る