日経Gooday TOP  > からだケア  > そのもの忘れ、本当に認知症?  > 歳をとると発症しやすい! 「老年期うつ病」という盲点  > 3ページ目

そのもの忘れ、本当に認知症?

歳をとると発症しやすい! 「老年期うつ病」という盲点

第3回 うつ病、老年期精神病、パーキンソン病…こんなにある認知症もどき

 伊藤和弘=ライター

レビー小体型認知症と同じく幻覚を見る「老年期精神病」

 幻覚や妄想などの精神症状がある高齢者のうち、薬物や認知症が原因ではない状態を「老年期精神病」と呼ぶ(*2)。「遅発性パラフレニー」と呼ばれることもある(パラフレニーは統合失調症の一種)。これも認知症もどきの1つだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.