日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > そのもの忘れ、本当に認知症?  > 認知症かと思ったら実は「てんかん」 自分は無縁だと思っていたら大間違い  > 3ページ

そのもの忘れ、本当に認知症?

認知症かと思ったら実は「てんかん」 自分は無縁だと思っていたら大間違い

第2回 てんかんは高齢者の誰がなってもおかしくない病気だった

 伊藤和弘=ライター

高齢者に多い複雑部分発作では“分かりやすい発作”は起こさない

 てんかん発作というと、口から泡を吹いて全身をガクガクとけいれんさせている姿を思い浮かべる人も多いだろう。これは全般発作の場合だ。高齢者に多い複雑部分発作では、このような“分かりやすい発作”は起こさない。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.