日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > そのもの忘れ、本当に認知症?

MEDICAL CARE そのもの忘れ、本当に認知症?

 長寿化とともに増え続ける「認知症」は、誰もが避けたい病気の1つ。現代の医学をもってしても、いったん発症した認知症を完治させる治療法は見つかっていない。

 認知機能が落ちてきたりすると「認知症の始まり」と思いがちだが、“似て非なる病気”の可能性があることをご存じだろうか。実は、これらの病気は「治療できる可能性がある」。この違いは極めて大きい。

 本特集では、認知症と間違われやすい病気とその見分け方などを、認知症予防・治療の第一人者である、メモリークリニックお茶の水理事長 筑波大学名誉教授の朝田隆さんに聞いていく。

朝田 隆(あさだ たかし)さん
メモリークリニックお茶の水理事長 筑波大学名誉教授
朝田 隆(あさだ たかし)さん 1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。英オックスフォード大留学、山梨医科大学精神神経科勤務、国立精神・神経センター武蔵病院リハビリテーション部長、筑波大学精神医学教授などを経て、2014年に東京医科歯科大学特任教授に就任。2015年より現職。日本老年精神医学会副会長。日本認知症学会理事。著書に『ボケない暮らし 30カ条』(法研)、『その症状、本当に認知症?』(法研)、『専門医が教える認知症』(幻冬舎)など、認知症関連の著書を数多く手がける。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.