日経Gooday TOP  > からだケア  > 失敗しない「老眼」対策  > メガネだけじゃない! 専門医が教える「最強の老眼対策」選び  > 2ページ目

失敗しない「老眼」対策

メガネだけじゃない! 専門医が教える「最強の老眼対策」選び

第2回 老眼の最新治療のメリット・デメリットとは?

 梅方久仁子=ライター

老眼対策選びの基本は「完璧を求めないこと」

 「遠近両用眼鏡など、さまざまな老眼対策をうまく使いこなすためには、最初に理解していただきたいポイントが2つあります。1つは、どんな方法であっても、若いころと同じようにピント調節力が戻るわけではないということです」。平松さんはそうアドバイスする。最新の眼内レンズ挿入術を含め、どの対策にも限界はあり、近くから遠くまで、すべての距離にばっちりピントが合うようになるわけではない。期待が大きすぎると失望につながりやすいので、まずはこの点を踏まえることが重要だ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

残り7508文字 / 全文8799文字

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.