日経Gooday TOP  > からだケア  > 日本人の眠りの新常識  > 「眠りたいのに眠れない!」悩み解消の鍵は、光、体温、筋弛緩にあった  > 5ページ目

日本人の眠りの新常識

「眠りたいのに眠れない!」悩み解消の鍵は、光、体温、筋弛緩にあった

第2回 最新の研究から分かった、医学的に正しい快眠法とは?

 伊藤和弘=ライター

仮眠は長さと時間帯に注意! 帰りの電車の居眠りも避けたい

 最後に、いい睡眠を取る上でやってはいけないことを紹介しよう。

 まず注意したいのが、昼寝などの「仮眠」の長さと時間帯だ。日本では仕事や家事に追われて1日6時間眠れないという人が少なくない。しっかり睡眠を取っている人でも14時過ぎには体内時計の作用で少し眠気を感じるもの。まして睡眠負債がたまっていれば、午後の眠気も強くなる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

睡眠
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.