日経Gooday TOP  > からだケア  > 最新!「胃もたれ」「胸やけ」撃退法  > 胃の病気の主役は、加齢が招く「胃もたれ」「胸やけ」へ  > 3ページ目

最新!「胃もたれ」「胸やけ」撃退法

胃の病気の主役は、加齢が招く「胃もたれ」「胸やけ」へ

第1回 減る胃がん・胃潰瘍、増える機能性ディスペプシア・逆流性食道炎

 田中美香=医療ジャーナリスト

 ピロリ菌は人の胃粘膜にすみ着く細菌。感染すると胃粘膜が傷んで慢性的な胃炎を起こし、胃潰瘍や胃がんを招く、厄介な存在だ。

 「胃粘膜を衰えさせる犯人は、ピロリ菌です。ピロリ菌に感染したら、胃の粘膜は萎縮してペラペラに薄くなり、胃酸分泌も減ります。しかし、ピロリ菌に感染している同年齢の人を比べると、比較的ツルッとしてみずみずしい胃粘膜を持つ人もいれば、ザラザラに荒れた胃粘膜の人もいます。それは感染からの年数や、萎縮の進行度によって粘膜の状態に差が出ているだけで、高齢になるほど胃粘膜が老けていくわけではないのです。ピロリ菌に感染していなければ、70歳、80歳になっても胃粘膜は衰えず、若い状態のまま胃酸を分泌し続けます」(秋山さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

胃・食道
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.