図1 膵がんの生存率は、数あるがんの中で最も低い

上記は、がんと診断され治療を受けた患者が、5年後に生存している割合。膵がんは突出して生存率が低い。 (国立がん研究センターがん対策情報センター「がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計報告書」を基に作成)

記事に戻る