日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 健康寿命を延ばす人間ドックの受け方  > 100歳まで健康に生きるための人間ドック活用法  > 2ページ

健康寿命を延ばす人間ドックの受け方

100歳まで健康に生きるための人間ドック活用法

第1回 個人の「病気リスク」を検査して予防に役立てよう

 梅方久仁子=ライター

自分の病気リスクを突き止め、予防に活かす

 厚生労働省の「国民生活基礎調査」(2016年)によると、要介護になった原因の第1位は「認知症」、第2位は「脳血管疾患(脳卒中)」、第3位は「高齢による衰弱」だった。ただ、認知症や脳卒中も、ある日突然そうなるわけではない。その原因のもとをたどれば、「生活習慣」に行きつく。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.