日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 認知症から逃げ切る

MEDICAL CARE 認知症から逃げ切る

 認知症といえば、がんと並んで最も恐ろしい病気の一つ。年齢とともに発症率は高くなり、長寿化とともに患者も増え続けている。この認知症、近年の研究で数十年にわたる病気であることがわかってきた。生活習慣しだいで、認知症を発症する前に天寿をまっとうすることも夢ではない。認知症の前段階「MCI」と診断されても、正常な状態に戻る人もいる。

 本特集では、国立長寿医療研究センター もの忘れセンター長の櫻井孝さんに「認知症から逃げ切る」方法を聞いた。

櫻井 孝(さくらい たかし)さん
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター もの忘れセンター長
櫻井 孝さん 1985年神戸大学医学部卒業。岡崎国立共同研究機構生理学研究所研究員、米ワシントン大学薬理学教室研究員を経て、神戸大学大学院医学系研究科老年内科・助手・講師。2010年国立長寿医療研究センター・もの忘れセンター・部長、2014年から同センター長。名古屋大学大学院医学系研究科認知機能科学分野・連携教授。専門は、認知症、糖尿病、老年医学。食事摂取基準策定検討会(2020年版)の委員も務める。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.