日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 認知症から逃げ切る  > 認知症リスクを減らす食事の鉄則! カギとなるたんぱく質と多様性  > 5ページ

認知症から逃げ切る

認知症リスクを減らす食事の鉄則! カギとなるたんぱく質と多様性

第3回 葉酸、ビタミンD、オメガ3も意識して摂取しよう

 伊藤和弘=フリーランスライター

積極的に頭を使い、人と付き合う

 最後に、運動、食事のほかに注意すべき点を紹介しよう。

 まずは、睡眠だ。脳にたまったアミロイドβは睡眠中に処理・排出されるので、慢性的な睡眠不足の人はアミロイドβがたまりやすくなる。つまり睡眠時間が短い人はアルツハイマー病のリスクが高くなるわけだ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.