日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 認知症から逃げ切る  > 認知症の予防効果が“より高い”運動はこれだ!  > 3ページ

認知症から逃げ切る

認知症の予防効果が“より高い”運動はこれだ!

第2回 「逃げ切り」の鍵は運動! 歩く速度がガクンと落ちたら危ない

 伊藤和弘=フリーランスライター

 最近、櫻井さんが運動関連で特に注目しているのが、歩行機能と脳の関係だ。実は「歩行能力低下と認知機能低下とは相互に関係がある」のだという。

 「歩行障害がない人に比べて、歩行障害がある人は認知症の発症時期が早まることが明らかになっています。歩行能力の低下は、MCIや認知症のリスク因子の一つです。また、高齢者の歩行速度を3年間追跡した研究によると、認知機能が高い人に比べて、低い人の方が歩行速度が低下しやすかったという結果も出ています」(櫻井さん)


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト
日経グッデイ春割キャンペーン

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.