日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 突然死の正体  > 心臓突然死が多いのは「冬の朝」「月曜日」「急な運動」  > 4ページ

突然死の正体

心臓突然死が多いのは「冬の朝」「月曜日」「急な運動」

第2回 心臓突然死のリスクは減らせる

 田中美香=医療ジャーナリスト

運動は、突然死のリスクを高める? それともリスクを下げる?

 心臓突然死のリスクについて語る上で、「運動」も欠かせないキーワードの1つだ。理由は、心筋梗塞は運動中に起こることがあるから。例えば、タレントの松村邦洋さんが2009年の東京マラソン出場中に倒れ、一時心肺停止状態に陥ったことを覚えている人も多いだろう。幸いにも、AEDによる緊急処置によって命を救われたが、彼のように運動中に心筋梗塞を起こす人は少なくない


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.