日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > いくつになっても転ばない! “寝たきり”リスクを下げる極意

BODY CARE いくつになっても転ばない! “寝たきり”リスクを下げる極意

 寝たきりになる原因として恐れられている「転倒」。「転倒をきっかけとして骨折し、そのまま寝たきりに…」という恐怖のコースはマスコミなどを通じて知られるようになってきたが、「自分はまだ大丈夫」と軽く見ていないだろうか。実は、加齢や運動不足によって、「転倒リスク」は50代、60代ごろから確実に高まっていく。

 本特集では、転倒予防のエキスパートである、東京健康リハビリテーション総合研究所所長の武藤芳照さんに、転倒リスクを下げる生活習慣などを聞いていく。

武藤芳照(むとう よしてる)さん
東京健康リハビリテーション総合研究所所長、日本転倒予防学会理事長、東京大学名誉教授
武藤芳照さん 1975年名古屋大学医学部卒業。東京厚生年金病院整形外科医長、東京大学教育学部長、同大学理事・副学長などを歴任。ロサンゼルス、ソウル、バルセロナ、各五輪水泳日本代表チームドクターを経て、国際水泳連盟医事委員なども務める。日本整形外科スポーツ医学会名誉会員。専門はスポーツ医学、身体教育学。『転倒予防―転ばぬ先の杖と知恵』(岩波新書)、『いくつになっても「転ばない」5つの習慣』(青春出版社)など著書多数。転倒予防の功績により2017年、第69回 第一生命 保健文化賞受賞。

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.