日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 「スマートリィ・エイジングEXPO」レポート  > 「布団に入ったらバタンキュー」は健康の証ではなかった!  > 3ページ目
印刷

「スマートリィ・エイジングEXPO」レポート

「布団に入ったらバタンキュー」は健康の証ではなかった!

第1回 脳と体の疲れがとれる「本当の睡眠術」

 伊藤和弘=フリーランスライター

午前中に光を目に入れると朝型化する

 本来、自分の体内時計に合ったリズムで生活するのが最も自然で健康にいいだろう。しかし極端に社会とずれたリズムで暮らしていては、まともな社会生活が送れなくなってしまう。私たちは体内時計をできるだけ社会に合わせざるを得ない。

 体内時計は光によって調整することができる。光の中でも体内時計に作用するのは太陽光やLEDに含まれるブルーライト(青色光)。午前中に光を浴びると体内時計が朝型に、夕方以降に光を浴びると夜型にシフトするという。週末に寝坊すると、社会的ジェットラグに加え、午前中の光を浴びないことも原因で早起きがつらくなるというわけだ。

 「朝型にするためには夜間の照明も大切。特にLEDはブルーライトが多いので、ブルーライトを含まない暖色系の光や刺激の少ない間接光にするといいでしょう。逆に必要以上に早く目が覚めてしまうことに悩んでいる高齢者は、午前中に日光を浴びないように注意することです」(三島さん)

 体内時計を朝型にするには、朝起きたときに日光を浴びること。顔は横向きではなく、直射日光は避けながら明るい青空に視線を向けよう。「目にしっかり光を入れなければ体内時計に作用しません」と三島さんは注意を促す。

 休日も社会的ジェットラグを作らないように、できるだけ普段と同じ時刻に起きて日光を浴びるようにする。眠いようなら昼寝をすればいい。長時間の昼寝は夜間の睡眠に悪影響を及ぼすが、働く世代であれば1時間以内なら影響は少ない。高齢の方は30分以内にする。

図3 社会的ジェットラグの解消法
図3 社会的ジェットラグの解消法
[画像のクリックで拡大表示]

不眠症を招く3つの誤った習慣は早寝、長寝、昼寝

 睡眠不足や社会的ジェットラグに悩む人が多い現役世代に対して、リタイアしてゆとりができると増えてくるのが不眠症だ。

 「不眠症の人は早寝、長寝、昼寝という誤った睡眠習慣を持っている人が多い。この3つをやめないと不眠症は絶対に良くなりません。逆に、この3つをやめるだけで不眠症が治ることも多いんです」(三島さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.