日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 本当に怖い「歯」と「寿命」の話  > 歯周病を放置すると認知症や肺炎、がんのリスクも高まる!?  > 4ページ目

本当に怖い「歯」と「寿命」の話

歯周病を放置すると認知症や肺炎、がんのリスクも高まる!?

第2回 歯周病菌が血管に入れば、全身に回って悪事を働く

 田中美香=医療ジャーナリスト

歯周病は、予後の悪い「膵がん」の引き金も引く?

 平均寿命が延びるにしたがって誤嚥性肺炎が増加していくとお話ししたが、忘れてはならないのが、死亡率が伸び続けている「がん」である。歯周病ががんに関係するなんて、まさかと思う人も多いことだろう。花田さんは、「歯周病菌を持つかどうかによって、がんの発症率が違ってくるとの報告が相次いでいます」と話す。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

肺炎
認知症
キーワード一覧へ
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.