日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 本当に怖い「歯」と「寿命」の話  > 口の中に無頓着な人は自分で寿命を縮めている  > 4ページ目

本当に怖い「歯」と「寿命」の話

口の中に無頓着な人は自分で寿命を縮めている

第1回 動脈硬化に糖尿病…諸悪の根源、歯周病が全身に与える脅威とは

 田中美香=医療ジャーナリスト

糖尿病・腎臓病・歯周病の1つが悪化すれば、悪循環が始まる

 すべての臓器に血管が通っている以上、口内細菌が血液中に入って菌血症となれば、どの臓器に細菌が到達しても不思議ではない。妊娠中の女性の子宮に届けば低出生体重児の出産リスクを高め、心臓に届けば心臓の内膜・弁膜に細菌が増殖する感染性心内膜炎を起こすことがある。細菌が血管内で炎症を起こすと、そこにLDLコレステロールや貪食細胞(マクロファージ)がたまってアテローム(粥腫 じゅくしゅ)となり、動脈硬化を招く。歯周病菌を持つ限り、影響を受けない臓器はゼロといっていいだろう。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.