日経グッデイ

医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方

胃がんや肺がんより地味だが死亡数が2位のがんは?

大腸がん(第1回)

 近藤慎太郎=医師兼マンガ家

日経Gooday読者なら誰もが気になる「がん」。『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』の著者であり、マンガも描ける医師である近藤慎太郎さんに、がんとがん検診の新しい常識について解説していただきましょう。


地味と思われがちだが死亡数は2位の大腸がん

 日本人のがんにおいて死亡数が最も多いのが肺がんで3位が胃がんです。そして死亡数が2位のがんが、今回解説する大腸がんです。

 2014年の大腸がんの死亡数は、男女合わせて4万8485人と報告されていて、特に女性に限ると死亡数の1位になっています。さらに患者数は男女合計で1位と、日本人に最も多いがんになっています(「がん情報サービス」より)。

 いつの間にか、大腸がんは日本人にとって、最も注意すべきがんになりました。

 その割に、大腸がんはあまり注目されておらず、予防や検診の重要性が世の中に浸透していないと感じます。なぜなのでしょうか。

 肺がんや胃がんの場合、タバコやピロリ菌といったはっきりとした原因があります。「禁煙やピロリ菌の除菌が大事です」といった分かりやすい説明が可能なのです。

 また乳がんの場合、若くして患う人も多いので社会問題にもなります。タレントの北斗晶さんや小林麻央さんの闘病もさかんに報道されました。

 では、大腸がんはどうでしょう。「コレ!」という決定的な原因がないので、何となく正体が分かりづらいのが実情です。大腸がんになった有名人は、俳優の渡哲也さんや今井雅之さんがいますが、ニュースに接する機会はそんなに多くない印象です。どうも、大腸がんは目立たない存在で、意識しにくいがんなのです。

 便やお尻の検査には羞恥心や心理的な抵抗を伴いますので、無意識のうちに避けたり、考えないようにしたりしているのかもしれません。

 その結果、大腸がんは盲点になりやすくなっています。そしておそらく、それはとても危険なことなのです。

 何と言っても大腸がんは日本で患者数が最も多いのです。何のケアもせず、ぼんやりしていると、気がつけばいつの間にか背後にいる、といった可能性が高いがんなのです。

 では、そんな大腸がんのリスクを高める因子には何があるのでしょうか。

 IARC(国際がん研究機関)や国立がん研究センターの発表によると、「アルコール」「タバコ」「肥満(BMIが25以上)」などが挙げられています。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

大腸がんはどうやって見つけるのか

 では、どうやって大腸がんをポリープの段階で見つけることができるのでしょうか。現在の健康診断や人間ドックで、大腸がん検診としてまず行われるのは「便潜血検査」です。これは便の一部を容器に入れて提出し、便の中に血液が混ざっていないかどうかを調べる検査です。

 大腸がんやポリープなどの病変があれば、便が通過する時に擦れて出血する可能性があります。それが起こっていないかをチェックするのが基本的な考え方です。

 この検査のメリットは、とにかく簡単ということに尽きます。自然に出る便を提出するだけでいいので、採血のように注射針を刺す痛みもありません。簡単で、安価で、医療機関にとってもマンパワーを必要としない。検診にはもってこいの検査方法です。

 ただし、この検査は大腸がんやポリープ自体ではなく、その結果起こるかもしれない出血の有無をチェックしているだけ。あくまで間接的な検査にすぎないので、診断能力は決して高いとは言えません。がんやポリープがあっても血が混じらないことはいくらでもあるし、何も病気がないのに便潜血陽性になることもあります。

 では、実際の診断能力はどのくらいの精度なのでしょうか。

 報告によってばらつきがありますが、大腸がんを1回の便潜血検査で指摘できる可能性は30~56%、2~3回繰り返してやっと84%と言われています(*4)(*5)(*6)。

 1回の検査だと不十分なのは明らかなので、便潜血検査は通常2回。これは、病変があっても陰性になってしまうケースをできる限り減らすための工夫です。2回中1回でも陽性になれば「便潜血陽性」と診断され、精密検査が必要になります。

 「2回中1回は陰性になったのだから、もう1回やって確認したい」という人が時々いますが、実はそれにはあまり意味がありません。一度でも陽性が出たという事実は、その後、何回陰性になったとしても消えるわけではありませんから。

 大腸がんのように出血しやすい大きな病変であっても、間違って陰性にならないような工夫が必要になってきます。それよりも小さなポリープの場合はどうでしょう。

 ポリープを便潜血検査で指摘できる可能性は11~18%と報告されています(*7)。極めて低い数字です。

 やらないよりもやった方がいいのは間違いありません。ただし結果を絶対視して安心していると、足元をすくわれる可能性が出てきます。ポリープを早期に発見するには、便潜血以外の検査を受ける必要があります。

『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』

この記事は、日経BP社の『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』(近藤慎太郎著、312ページ、税込1512円)からの転載です。

■参考文献
*1 Calle EE et al. Overweight, obesity, and mortality from cancer in a prospectively studied cohort of U.S. adults. N Engl J Med 2003;348:1625-38
*2 Vogelstein B et al. Genetic alterations during colorectal-tumor development. N Eng J Med 1988;319:525-32
*3 Winawer SJ et al. Prevention of colorectal cancer by colonoscopic polypectomy. The National Polyp Study Workgroup. N Engl J Med. 1993;329:1977-81
*4 Nakama H et al. Colonoscopic evaluation of immunochemical fecal occult blood test for detection of colorectal neoplasia. Hepatogastroenterology 1999; 46:228-31
*5 Park DI et al. Comparison of guaiac-based and quantitative immunochemical fecal occult blood testing in a population at average risk undergoing colorectal cancer screening. Am J Gastroenterol 2010;105:2017-25
*6 Rozen P et al. Risk for colorectal cancer in elderly persons and possible methodologies for their screening. Eur J Gastroenterol Hepatol 2011; 23: 431-7
*7 Hundt S et al. Comparative evaluation of immunochemical fecal occult blood tests for colorectal adenoma detection. Ann Intern Med 2009;150:162-9
*8 吉田隆久他. 消化器内視鏡関連の偶発症に関する第6回全国調査報告2008年~2012年までの5年間. 日本消化器内視鏡学会雑誌2016;58:1466-91
近藤慎太郎(こんどう しんたろう)さん
医師兼マンガ家 日赤医療センター、亀田総合病院、クリントエグゼクリニックなどで勤務
近藤慎太郎(こんどう しんたろう)さん 北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。日赤医療センター、東京大学医学部付属病院を経て、山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。消化器の専門医として、これまで数多くのがん患者を診療。年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手がける。特技はマンガで、解説マンガも著者が自ら描いている。