日経グッデイ

医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方

ED、しわの原因、化学物質…なのにタバコを吸うのはなぜ?

肺がん(第3回)

 近藤慎太郎=医師兼マンガ家

日経Gooday読者なら誰もが気になる「がん」。『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』の著者であり、マンガも描ける医師である近藤慎太郎さんに、がんとがん検診の新しい常識について解説していただきましょう。


「喫煙はゆるやかな自殺」だとしても…

 ここまで、タバコがもたらす悪影響と肺がん検診について解説してきました。

 けれど、そもそもタバコはどうして体に悪いのでしょうか。

 タバコの煙には約4000種類の化学物質が含まれていて、そのうち200種類以上が有害物質です。ニコチンやタール、一酸化炭素のほか、カドミウムやヒ素、ダイオシンなども含まれます。タールには約40種類の発がん物質が含まれています(*14)。

 その結果、日本ではタバコが原因で年間約13万人が亡くなっています。「喫煙はゆるやかな自殺」と言っても過言ではありません

 そういった事実がある一方で、禁煙が口で言うほど簡単ではないことも重々承知しています。

 なぜ禁煙が難しいかと言えば、ニコチンに極めて強力な依存性があるからです。

 では、どうすればその壁を乗り越えて禁煙できるのでしょうか。禁煙できた人とできなかった人の違いはどこにあるのでしょうか。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

非喫煙者と喫煙者の間で開く格差

 タバコの値段以外にも喫煙者は非喫煙者に比べてずっと多くのお金を払っています。

 保険会社の生命保険やがん保険に入る際に、唾液を採取してタバコを吸っているかどうかの検査を受けた記憶はありませんか。

 タバコを吸っている人は病気のリスクが高いので、保険会社の支払いが増える可能性があります。そのため、もともとの保険料が割高に設定されているのです。

 今後は健康保険も同じような構造になるかもしれません。

 日本の医療財政は非常に厳しい状況に追い込まれており、健康保険の自己負担を上げることが真剣に議論されています。

 例えば過去には、国家戦略特区のワーキンググループで、自己負担を原則6割にして、メタボ基準をクリアしている人は3割に、タバコを吸っている人は7割にすることが提言されています(*16)。衆議院議員の小泉進次郎氏らも、「健康ゴールド免許」という考え方を提唱しています。これは、健康管理に努めて一定の基準に達した人を対象に、健康保険の自己負担を3割から2割に引き下げるというような内容です。

 いずれも、自助努力の有無によって差をつけようという発想です。

 これらのアイディアがそのまま実現するかはともかく、重要なことは、そんな発想をする人は今後も出てくるだろうし、おそらく同調する人もたくさん出てくるだろうということです。

 自助努力をしている人としていない人では、健康格差はもちろん、ペナルティとインセンティブの相加作用によって、金銭的な格差もどんどん拡がっていくでしょう。

 こうしたことを踏まえた上で、具体的な方法について解説しましょう。

 大事なことは、禁煙をする理由を明確にすることです。世間で騒がれているから何となく禁煙を始めても長続きはしないはずです。きっとまた、何となく吸い始めてしまう可能性が高い。

 子供が生まれたから。お金を貯めて旅行に行きたいから。肌のハリを取り戻したいから――。

 何でもいいので、自分にとって一番大切なものに焦点を合わせましょう。

 そして禁煙のためには、「タバコの煙をかがない」「タバコを目にしない」という、環境を整備することが何よりも肝心です。もし家族など、同居している人がタバコを吸っているのであれば、一緒に禁煙に挑戦することが前提条件になります。相手にも禁煙についての理解を深めてもらい、協力を仰ぎましょう。

 次に、禁煙によって節約できた金額を、エクセルなどの表計算ソフトや、スマートフォンのアプリなどで記録していくこともオススメです。禁煙を手助けするアプリは、無料でいくつか手に入ります。努力の結果が金銭的なメリットとして確認できると、やる気が長持ちします。食べたものを記録するだけというダイエット方法がありますが、それと似たような理屈です。

 ある程度お金が貯まったら何か欲しいものを買うのもいいでしょう。収支の金額が減ると、「また貯めなきゃ!」と思って頑張れます。

 ただ、繰り返しますがニコチンの依存性は高い。日常生活の工夫や心がけだけで乗り越えようとしても難しいケースもあるはずです。

 その場合は禁煙補助薬を使うのが効果的です。

 現在のところ、利用可能な禁煙補助薬には下の3種類があります。

禁煙補助薬の一覧
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれ特徴や注意点が違うので、医療機関や薬局で相談しながら、自分の体質やスタンスに合ったものを試してみましょう。

 いずれも効果はありますが、禁煙に手こずる場合は、どこかのタイミングでニコチンガムを試しておくのがいいでしょう。たとえうまく禁煙できたとしても、残っているニコチンガムは捨てないでバッグなどに入れて携帯するようにしましょう。

 そうすれば、何かの拍子にタバコを吸いたくなっても、手元にあるニコチンガムを噛んで気持ちを落ち着かせることができます。「禁煙に失敗してしまった」という最悪の結果を避けることができる。ニコチンガムには、そんなゲートキーパーの役割を持たせましょう。

電子タバコは禁煙に役立つ? 役立たない?

 では、最近話題の電子タバコはどうでしょうか。

 残念ながら、電子タバコが世の中に広まってから、まだそれほど時間が経っていないので、結論を出すために十分なデータが蓄積されていません。

 そのため、はっきりとしたことはまだ誰にも分かりません。

 フィリップモリス製の電子タバコ「IQOS(アイコス)」の煙を普通のタバコの煙と比べてみたら、ニコチンの量が普通のタバコの84%だったという報告はあります(*17)。

 仮にほかの有害物質についても同様の傾向があるならば、普通のタバコを吸うよりはましとは言えるでしょう。一気に禁煙することに抵抗がある人は、まずリハーサルの気持ちで電子タバコに替えてみるのも一つの手かもしれません。

 ただニコチンが少ないからといって、その分、多く吸ってしまえば何の意味もありません。電子タバコはあくまで禁煙に至るまでのワンステップ、という認識が必要です。

 最後に、日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会が共同で編纂した「禁煙治療のための標準手順書」には次のような趣旨の言葉があります。

 再喫煙は失敗ではなく、貴重な学習のチャンス。

 再喫煙は禁煙に至るまでの通常のプロセス。禁煙に成功した人の多くは、成功までに少なくとも3~4回の禁煙チャレンジを経験している。禁煙は経験すればするほど、上達する。

 何度か禁煙に失敗したからといって、落ち込んだり、必要以上に自分を責めたりしなくてもいいのです。みんなが通る道だと思って、一歩一歩進んで行きましょう。

『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』

この記事は、日経BP社の『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』(近藤慎太郎著、312ページ、税込1512円)からの転載です。

■参考文献
*1 Ikeda N et al. What has made the population of Japan healthy? Lancet 2011;378:1094-105.
*2 Wakai K et al. Tobacco smoking and lung cancer risk: an evaluation based on a systematic review of epidemiological evidence among the Japanese population. Jpn J clin Oncol 2006; 36: 309-24
*3 Wakai K et al. Decrease in risk of lung cancer death in Japanese men after smoking cessation by age at quitting. Cancer Sci 2007;98:584-9
*4 Tobacco smoke and involuntary smoking. IARC Monogr Eral Carcinog Risk Hum. 2004;83:1-1438
*5 日本呼吸器学会HPより
*6 平成9年度厚生省心身障害研究「乳幼児死亡の防止に関する研究」総括研究報告
*7 平成27年度 家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告
*8 佐川元保他.肺がん検診の有効性評価:厚生省藤村班での 4つの症例対照研究.肺癌 2001;41:637-42
*9 全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率(2006~2008年診断例)
*10 National Lung Screening Trial Research Team. Reduced lung-cancer mortality with low-dose computed tomographic screening. N Engl J Med 2011; 365:395-409
*11 CT検診精度管理ガイドライン
*12 Pijpe A et al. Exposure to diagnostic radiation and risk of breast cancer among carriers of BRCA1/2 mutations:retrospective cohort study(GENE-RAD-RISK). BMJ 2012;345:e5660
*13 Esteva A et al. Dermatologist-level classification of skin cancer with deep neural networks. Nature 2017;542:115-8
*14 厚生労働省・禁煙支援マニュアル
*15 Castelo-Branco C et al. Facial wrinkling in postmenopausal women. Effects of smoking status and hormone replacement therapy. Maturitas 1998 ;29:75-86
*16 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/robert.pdf
*17 Auer R et al. Heat-Not-Burn Tobacco Cigarettes: Smoke by Any Other Name JAMA Intern Med 2017;177:1050-2
近藤慎太郎(こんどう しんたろう)さん
医師兼マンガ家 日赤医療センター、亀田総合病院、クリントエグゼクリニックなどで勤務
近藤慎太郎(こんどう しんたろう)さん 北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。日赤医療センター、東京大学医学部付属病院を経て、山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。消化器の専門医として、これまで数多くのがん患者を診療。年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手がける。特技はマンガで、解説マンガも著者が自ら描いている。