日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方  > 肺がんの早期発見に有効なのはレントゲン? CT検査?

医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方

肺がんの早期発見に有効なのはレントゲン? CT検査?

肺がん(第2回)

 近藤慎太郎=医師兼マンガ家

日経Gooday読者なら誰もが気になる「がん」。『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』の著者であり、マンガも描ける医師である近藤慎太郎さんに、がんとがん検診の新しい常識について解説していただきましょう。


肺がんを早期発見するには?

 肺がんの患者数は、がん患者全体の中でも上から第3位、2016年の死亡数は年間約7万4000人で、がん患者の中では最も多くなっています(「がん情報サービス」より)。肺がんは、それくらい社会的なインパクトが大きい問題なのです。

 2017年6月、女優の野際陽子さんが肺がんで亡くなったと報じられました。ほかにも大橋巨泉さんや愛川欽也さん、筑紫哲也さん、つかこうへいさん、梨元勝さん、5代目三遊亭圓楽さん、プロ野球監督の仰木彬さん、漫画家の青木雄二さん、作家の井上やすしさん、空手家の大山倍達さん、ミュージシャンのジョニー大倉さんなど、肺がんによって亡くなる有名人はとても多い。

 そんな中、2017年には俳優の中村獅童さんにも肺がんが見つかったと報じられました。けれど、定期的にがん検診を受けていたため、非常に早期の段階で見つかり、完治が見込めるとのことでした。

 では、肺がんで亡くなった人たちは定期的に肺がん検診を受けていなかったのでしょうか。

 肺がん検診といえば、胸部レントゲン撮影が一般的です。

 皆さんご存じのように、胸部レントゲン撮影は非常に簡単で手軽に受けることのできる検査です。ですから、肺がんで亡くなった人全員がレントゲンを1枚も撮っていなかったとは考えにくいでしょう。

 ならば、早期発見できた中村獅童さんと、肺がんで亡くなってしまった人たちとの運命を分けたものは何だったのでしょうか。

 そもそも肺がんが実際にどういう病気で、それを見つけるにはどうすればいいか、ということは意外と知られていません。

 皆さんが想像しているよりも少し複雑なので、マンガで解説します。

[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
日経グッデイ春割キャンペーンG

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.