日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方  > 肺がんの早期発見に有効なのはレントゲン? CT検査?  > 3ページ
印刷

医者がマンガで教えるがん検診の受け方、使い方

肺がんの早期発見に有効なのはレントゲン? CT検査?

肺がん(第2回)

 近藤慎太郎=医師兼マンガ家

 CT検診は、現状では自治体の健診に取り入れられていません。

 そのため希望する場合は人間ドックなどで、オプション検査として選択する必要があります。

 これらの情報をまとめると、肺がん検診は次のように整理できます。

  • レントゲンによる検査によって、肺がんの死亡率は30~60%下がる
  • タバコの影響が強い肺門部がんは、痰の検査を併用することが有効である
  • CT検査は、レントゲンによる検査よりも肺がんの死亡率を20%下げられる。ただし過剰診断、被ばくのリスクに注意が必要で、自治体の健診では受けられない

 肺がんで助かる人と亡くなる人の運命を分けるものは何か。

 先ほどの疑問に回答するなら、「レントゲンによる検査だけでは時に不十分。自分のリスクに応じて、痰の検査やCT検査を併用することが大切」ということになります。

 肺がん検診も意外と複雑ですが、ほかのがん検診に比べて明らかに優れている点があります。それは「術者(医師や技師)による技量の差が出にくい」ということです。

 レントゲンやCT検査はあくまで機械が行うので、胃カメラや超音波検査と違って、誰が検査をしても、ある程度の精度が期待できます。これは非常に公平なことで、肺がん検診の大きなメリットとも言えるでしょう。

 技量によって結果に差が出る検査は、ある意味では術者の腕の見せどころ。

 けれど本当に大切なのは、誰であっても、どんな場所でも、どの術者でも、平均的に同じレベルの医療が受けられることでしょう。これは医療の最も理想的な姿です。

 あえて弱点を言えば、レントゲンやCT検査の結果は、1枚1枚医師が読影するので、その読影能力によって差が出るかもしれません。

 けれど、それもこの10年以内に劇的に変化すると思います。

 現在、世界中の企業や研究所がAI(人工知能)の研究を進めています。医療において、画像診断はAIが最も活躍しやすい分野の一つと考えられています。AIが皮膚がんを皮膚科の専門医と同等のレベルで診断をした、といった報告もあります(*13)。

 また実際に、AIによるCT診断も全世界で導入されつつあります。

 病院に入ったら、そのままCTの検査台に乗って撮影し、AIが結果を瞬時に診断する――。治療はさておき、診断に限って言えばそんな日が遠からず訪れるでしょう。

『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』

この記事は、日経BP社の『医者がマンガで教える 日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』(近藤慎太郎著、312ページ、税込1512円)からの転載です。

■参考文献
*1 Ikeda N et al. What has made the population of Japan healthy? Lancet 2011;378:1094-105.
*2 Wakai K et al. Tobacco smoking and lung cancer risk: an evaluation based on a systematic review of epidemiological evidence among the Japanese population. Jpn J clin Oncol 2006; 36: 309-24
*3 Wakai K et al. Decrease in risk of lung cancer death in Japanese men after smoking cessation by age at quitting. Cancer Sci 2007;98:584-9
*4 Tobacco smoke and involuntary smoking. IARC Monogr Eral Carcinog Risk Hum. 2004;83:1-1438
*5 日本呼吸器学会HPより
*6 平成9年度厚生省心身障害研究「乳幼児死亡の防止に関する研究」総括研究報告
*7 平成27年度 家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告
*8 佐川元保他.肺がん検診の有効性評価:厚生省藤村班での 4つの症例対照研究.肺癌 2001;41:637-42
*9 全国がん(成人病)センター協議会加盟施設における5年生存率(2006~2008年診断例)
*10 National Lung Screening Trial Research Team. Reduced lung-cancer mortality with low-dose computed tomographic screening. N Engl J Med 2011; 365:395-409
*11 CT検診精度管理ガイドライン
*12 Pijpe A et al. Exposure to diagnostic radiation and risk of breast cancer among carriers of BRCA1/2 mutations:retrospective cohort study(GENE-RAD-RISK). BMJ 2012;345:e5660
*13 Esteva A et al. Dermatologist-level classification of skin cancer with deep neural networks. Nature 2017;542:115-8
*14 厚生労働省・禁煙支援マニュアル
*15 Castelo-Branco C et al. Facial wrinkling in postmenopausal women. Effects of smoking status and hormone replacement therapy. Maturitas 1998 ;29:75-86
*16 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/robert.pdf
*17 Auer R et al. Heat-Not-Burn Tobacco Cigarettes: Smoke by Any Other Name JAMA Intern Med 2017;177:1050-2
近藤慎太郎(こんどう しんたろう)さん
医師兼マンガ家 日赤医療センター、亀田総合病院、クリントエグゼクリニックなどで勤務
近藤慎太郎(こんどう しんたろう)さん 北海道大学医学部、東京大学医学部医学系大学院卒業。日赤医療センター、東京大学医学部付属病院を経て、山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。消化器の専門医として、これまで数多くのがん患者を診療。年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手がける。特技はマンガで、解説マンガも著者が自ら描いている。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.